2014年12月04日

留学生活について

 留学生ブログをご覧になってる皆さん、こんにちは。私は国際総合政策学科2年の原涼太と申します。今回の投稿では、授業以外の留学生活についてご紹介したいと思います。

 はじめに、こちらの気候について説明します。私たちは8月の中旬にアメリカのウィスコンシン州に入りました。当初は昼間は暑く感じましたが、夜になると涼しくなり、冷房のない寮内でも寝苦しく感じたことはありませんでした。ちなみに各校舎には冷暖房の設備が整えられているので、快適な環境の下勉強に励むことができます。暑いのは9月の上旬までで、その後は一段と寒くなります。私は日本国内でも温暖な地域の静岡県出身ですので、秋を通り越していきなり冬がやってきたような感覚でした。現地の方には、雪は10月下旬から降り始めるとのことでしたが、今年は積もるまで降ったのは11月に入ってからでした。初雪以降、今日までの最高気温はは0℃前後、最低気温は−5℃〜−20℃と、常に氷点下の気候です。さらに、昨年度は−40℃まで下がったそうなので、寒さへの対策は必須です。

 2点目は、授業後の生活についてです。ESLコースの授業は12:50にすべで終了し、その後のほとんどの時間は宿題の取り組みに費やされることになります。普段は18:00〜19:00までに終了することが多いですが、プレゼンテーションやエッセーの提出があると、深夜までかかることも少なくありません。中には徹夜で取り組む学生もいます。宿題が少ない日は、ESLコースの学生や、現地の一般の学生とスポーツをしたり、映画を見に行ったり、各々でアメリカの生活を楽しむことができます。

 3点目は、週末の生活についてです。金曜日の夜から土曜日の夜まで、現地の学生の多くは羽を伸ばしています。金曜日の夜は映画を見たり、トランプをしたり、遅くまで起きて遊ぶのが普通です。日曜日になると、多くの学生は宿題に取り掛かったり、各々の学習を進めています。金曜日、土曜日は閑散としている図書館も、日曜日は比較的学生が多いです。

 最後に、大学や、大学外の行事について紹介します。St. Norbert Collegeでは国際交流活動が盛んで、各国の紹介のプレゼンテーションを見学したり、食べ物を食べたり、音楽を聴いたり、様々な活動を通して異文化を体験することができます。また、リーディングの授業の一環で、現地の小学校に訪問し、「赤ずきんちゃん」の読み聞かせをそれぞれの学生の母語と英語で行い、子どもたちにも異文化の体験をしてもらいました。私自身は、People-for-People Dinnerという、近隣にあるウィスコンシン大学、Northeast Wisconsin Technical College、そしてSt. Norbert Collegeの3大学の留学生が集まる晩餐会に出席する機会を頂き、参加してきました。ここでは、参加者それぞれの出身国の紹介のプレゼンテーションをしたり、現地からの参加者や、他大学の留学生との会話を楽しんだりすることができました。この晩餐会の後に、インドネシア出身のウィスコンシン大学の留学生と食事にいく機会があり、良い出会いの場ともなりました。日本人1人という状況の中でも楽しむことができた経験は、こちらの留学に来て一番の喜びでした。

 この中期留学プログラムは、ご存じの通り日本人が多く、日本人同士で固まりがちになってしまうのでは、という心配があると思いますが、自分の意識や工夫次第で、良い意味でも悪い意味でも変えることができます。自己開拓の留学も、プログラムの留学も、能動的に活動しなければ何の力にもなりません。私自身もこのことを肝に銘じて残りの留学生活を思う存分楽しもうと思います。

 おわりに、People-for-People Dinnerでグリーンベイ市長とSt. Norbert Collegeからの参加者で撮った写真を載せます。長文になりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
IMG_148885987810547.jpeg
posted by 日大国際留学生 at 16:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セント・ノーバート・カレッジの様子がよくわかりました。ありがとうございます。とても充実した留学生活を過ごしていらっしゃるようですね。『自己開拓の留学も、プログラムの留学も、能動的に活動しなければ何の力にもなりません。』本当にその通りだと思います。いくら何かを変えたくても「環境の力」に頼っていては,結局何も変わらないと思います。
マイナス40度の世界では,お湯をまくと一瞬で雪になってしまうようですね。体に気を付けて残りの留学生活を過ごしてください!
Posted by ultimate cheesehead at 2014年12月05日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。