2014年11月24日

寮部屋について

こんにちは、国際教養学科3年の茨木和香です。
はやいものでSNCに到着し3ヶ月が経ちました。ウィスコンシンの冬は日本より厳しく、11月なのにもう雪が積もっています。私の地元も雪が多いのですが、こちらの寒さには慣れそうもありません(^^;)


さて、私は今回SNCでの寮生活について書きたいと思います。キャンパス内には多くの寮がありますが、日本大学の生徒は3つの寮にまとまっています。私たちの大多数は2人部屋で、部屋にはクローゼットと勉強机、洗面台がついているだけ、というシンプルな作りのものが多いです。寮の地下には共同のキッチンがあり、みんなでシェアして使っています。
ほとんどみんなルームメイトと生活していますが、外国人と一緒の人もいれば日本人同士の人もいます。必ず外国人とルームメイトになれるわけではない、ということを理解して行ったほうがいいと思います。(運が良ければ部屋の変更もできますが・・・)

私の寮は4人部屋で、キッチン、リビング、2つのベッドルーム、というレアな作りになっています(^O^)ルームメイトのうちの2人がアメリカ人で、そのうちの1人は日本への留学経験もあるのでとてもコミュニケーションがとりやすいです。ルームメイトがアメリカ人、というだけで、部屋でもネイティブの英語を聞いて会話をすることができ、宿題や英語の表現で分からないことがあればいつでも気軽に聞くことができます。この部屋に当たってラッキーだったなあと思いました♪


SNCにはたくさんの学生団体があり、また毎週末にはさまざまなイベントが催されています。授業は大変な時もあり宿題も毎日たくさん出されますが、その分ここで学べること、楽しめることもたくさんあると思っています!あと4ヶ月ほどとなった留学生活ですが、悔いなく全力で挑んできます^^



最後に、10月にあったLong weekendでシカゴに旅行したときの写真を載せます!高いビル、美しい夜景、ちょっと危なそうな路地裏など、映画に出てきそうな街並みで大興奮でした。

IMG_5702.JPG

IMG_5478.JPG
posted by 日大国際留学生 at 15:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

初投稿です。

 まず自己紹介から始めたいと思います。 国際関係学部総合政策学科3年の野田遼史です。 僕たちSt. Norbert College中期留学組は、総勢22名で16名の男子、6名の女子と男子が多めですが...

早いものでこちらに来て2ヶ月半が経ち勉強は大変ながらも毎日が充実しており多くの友達もできました。
始めのブログなので今回は簡単に SNCがどういうところなのかを軽く紹介したいと思います。 

まず、ここのことを一言で表すなら『田舎』の一言です。笑 けれども、ここには多くの留学生が来ておりフランス、ペルー、サウジアラビア、韓国、台湾、タイ、ベトナムなどと本当に多くの国から生徒を迎え入れてるのでいろんな国の人との交流を願うならばここの環境は大変素晴らしいと思います。 

次に1日の大まかなスケジュールを紹介したいと思います。

07:15 起床
09:00 授業開始
13:00 昼食
14:00 宿題
19:00 晩御飯
20:00 バスケ
24:00 就寝

といった感じで来てから一ヶ月は本当に宿題との両立が大変で毎日のように図書館にこもって20:00過ぎまでというのもざらではなかったですが今では効率的に進めれるようになったため自分の時間を確保しやすくなりました。

ざっとした説明ですがSNCは、本当に素晴らしいところで稀に日本が恋しくなることはありますが快適な生活が送れることは間違いないです。ここに来てみようと迷ってる方は、これからのみんなの日記を見てどれだけここが素晴らしいかを確認してみてください。笑 寮など施設に関しての話題はこのブログ以降の他の人のブログを読んで確認してみてください続きを読む
posted by 日大国際留学生 at 11:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。