2015年03月27日

留学生活を終えて

 みなさん、こんにちは。国際総合政策学科2年の神谷です。3月13日金曜日に私たち日本大学国際関係学部 生徒21名、7か月間のアメリカ セントノーバード大学の留学プログラムが終了しました。

 アメリカに行く前の気持ちというのは、7か月という長い期間アメリカという違う国で過ごしていけるのか、ちゃんと勉強についていけるのか不安ばかりでした。終わってみれば7か月というのはあっという間に終わってしまい、まだここに残りたいという気持ちになり、いままで不安だったものが自信に変わりました。他の日本人留学生に話を聞いても、「充実した留学生活を送れた」、「他の国の友達と別れるのが寂しい」などいろいろな意見がありました。

 留学をしている中で勉強面はもちろん充実していました。さらに、現地の生徒が優しく気軽に話しをしてくれ、私の辿々しい英語も一生懸命に聞いてくれました。また、アメリカの生徒だけではなく他の国の生徒とも交流ができます。例えば、サウジアラビア、台湾、韓国、ベトナム、ペルーなどの生徒たちがいました。こういった他の国の生徒たちとの交流は私にとって貴重な経験になったと思います。

 基本、午前中に授業があり、午後からは課題をしたり、自由な時間は現地の生徒と遊んだりしていました。ウィスコンシン州というのは田舎でバスを使って生活必需品を買いに行くと2〜3時間以上はかかります。なので、現地の友達の車でモールなどによく連れて行ってもらっていました。いろんな場面で人の助けを借りていました。

 このように、7か月間の中でたくさんの人と交流し、助けられてきました。もちろん、7か月間の中で辛いこともありましたが、終わってしまえば良い経験だったのではないかと感じることができます。留学する最初は不安ばかりでしたが、最終的にはすべてが私にとってプラスになりました。これが7か月間アメリカで留学生活を終えた私の感想です。

 このブログを見ている方で留学のことを考えている方は、不安や、ワクワクでいっぱいだと思いますが、留学は必ず自分にプラスになると思うので頑張ってください。11084512_1637682503132130_1178454319_n.jpg11096973_1637682519798795_287201181_n.jpg
posted by 日大国際留学生 at 15:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

留学生活

皆様、こんにちは。私、日本大学国際関係学部、総合政策学科2年の小島健一と申します。
もう授業などの学校のプログラムはすべて終わり、帰国までの準備をしているところです。最近は、こちらにもようやく春がやってきて、辺り一面の雪も溶け気温も10℃くらいまで上がってきました。

私にとってこの7ヶ月間の留学生活は長いようであっという間に過ぎ去ってしまったものでした。最初こちらに来たとき7ヶ月の留学は物凄く長いものだと感じていましたが、いざ授業が始まり慣れてしまうと毎日が風のように去って行きました。だからこそ、私はなにかひとつでいいので夢中になれるものを見つけるべきだと思いました。

私事ですが、私は小学生1年生から大学1年生まで約14年間野球をやっていました。国際関係学部の硬式野球部にも半年間所属していました。私は今までの人生で野球しか本気になれるものがありませんでした。なので、この留学を決めたのも新しい自分を見つけたい、新しい視点で物事を捉えられるようになりたいと思ったからであります。そして、私はここでバスケットボールに出会いました。アメリカではアメリカンフットボールやバスケットボールといったスポーツが国民的スポーツとなっており、放課後などの自由解放されている時間帯ではバスケットボールをする外国人で溢れていました。私も最初は友達に誘われたら行くくらいでした。私は上記に書いたようにそんな強い動機なくしてこの留学をしてきたので、明らかに周りとの温度差がありました。他の留学生たちは英語を上達させるために積極的に外国人と喋ろうとしていましたが、私はそこまで外国人とコミュニケーションを取ろうとはしていませんでした。しかし、私はバスケをしていくうちに上手くできなかったり、ゲームで負けたりすることが悔しくてどんどんバスケにのめり込んでいき、最後の方では毎日のようにバスケをしていました。そのおかげもあってか、バスケの練習をしていると一緒にやらないかと声をかけてもらえるようになり、交友関係が広がりました。私も上手くなりたいために上手い外国人にレクチャーを求めたりしていました。バスケを通して仲良くなった友達とはバスケいがいの場面でも話すようになり、そこで私の語学力は養われていったと思います。

私がここでなにを伝えたいのかというと、語学力アップ及び学校生活の充実の方法はひとつではないということです。留学してくるほとんどの方は、語学力を向上させようと思って留学してくるはずです。しかし、みんながみんな同じことをしなくていいと私は考えます。話さなきゃいけないと焦っていては上手くコミュニケーションがとれなかったときなどに、次に外国人と話す機会に無意識に壁を作ってしまいます。もちろん7ヶ月も留学していればある程度の語学力は身につくと思いますし、留学してくる本人、またその親御さんも英語がペラペラになってくると期待していると思います。これは私の見解ですが、7ヶ月間の留学で身につく語学力なんてたかが知れていると思います。もちろん簡単な日常会話などは話せるようになると思いますが、それをすぐビジネスの場面で活用できるかと言ったら、厳しいものがあるのではないかと思います。だからと言って、努力をしないというのは話が違いますが、そんなに焦ることはなくあくまで語学を学ぶきっかけになれば良いのではないかと、私はこのブログを読んでくださっている皆様にお伝えしたいです。そして、その語学力の伸ばし方は自分個人のやり方を模索して欲しいと思います。自分独自のやり方を創り上げることこそ大切になってくると考えます。

ここまでなにかと厳しいこと書いてきたと思いますが、私はこの留学プログラム自体はお勧めします。なぜなら、私はこの留学生活で自分自身の成長を実感できているからです。慣れない環境で一定期間生活できるまとまった時間が取れるという視点からも、留学は大学生の特権ではないかと思います。新しいことに挑戦する。これは私がこの留学で学んだ1番大切なことではないかと思います。
長くはなりましたが、最後までお付き合い頂き有り難うございました。もしこのブログを読んでくださった方が留学することになりましたら、良い留学生活になることを心から祈っております。

image.jpg
posted by 日大国際留学生 at 06:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

SNCを選んだ理由とルームメイトとの生活

皆さん初めまして。国際総合政策学科2年の笛木雄太と申します。今日は皆さんに私が何故、ここセントノ―バード・カレッジを選んだのか、そしてルームメイトとの共同生活についてお話しようと思います。

まず、なぜこのプログラムにしたかということですが、自分は、最初はゴア大学のプログラムに興味がありました。理由としては発展途上国の人々と触れ合いたかったというものでした。しかし、いままでこのセントノ―バード・カレッジのプログラムに参加された先輩方にお話を伺ったところ、セントノ―バード・カレッジにはアメリカの生徒はもちろん、様々な国から留学生が来ていることを知りました。実際に今現在、サウジアラビア、ベトナム、台湾、韓国、ペルーといった国々から留学生が来ています。つまり他のプログラムには無い、様々な国からの留学生と触れ合える、とても充実した留学生生活がおくれるという点でこの留学プログラムを決めました。実際に現地でこれらの国々の生徒からその国の文化、暮らし、政治といった様々な話を聞いたり、一緒に遊びに行ったりと実に充実した毎日を送っています。また、アメリカの社会を目で見て触れ合う良い機会でもあります。これもまた私がここを選んだ理由でもあります。冬休みや感謝祭などの休日が長めなので、それを機に歴史上の大きな舞台になった地を訪れたり、博物館まで足を運びました。これも、留学の一つの醍醐味だと思います。

続いて寮の生活についてですが、部屋は基本二人で部屋をシェアする形になっています。私はサウジアラビアの生徒と部屋をシェアしています。やはり最初は文化の違いという事でとても驚く事ばかりでしたが、徐々にとても異文化な生活にも慣れてくるものです。もちろん、その生活の中のやりとりも英語で行われるのですが、最初はとても難しかった会話も月日がたつにつれ、より自分の伝えたい事が言えるようになりました。そしてなにより、ずっと英語でやり取りをするので自らの英語にも自信が付いてきます。他の文化を理解するときに、やはり難しい事もあります。時には衝突したり、「ルームメイトを変えたい!」と何度も思うこともありました。ですが、考えてみると、この様な経験は生涯に一度しかないと思う様になりました。今では、一緒にサウジアラビアの生活を話したり、イスラムの文化について聞いたり、時にはISISが如何に間違っているか、といった難しい話題についても、話しをしています。今のルームメイトとの部屋は留学生活の中で最も忘れる事の出来ないものです。

ここにきて僕が思うのは「一度しかできない経験をする」と「違う文化を受け入れる力」、この二つの事が大切だと思いました。ここセントノ―バード・カレッジにはそんな要素がたくさんあります。ここに来て、絶対に後悔はしないと断言できるほどです。日本ではできない、これぞ留学!これぞ海外の学生生活!そして、これぞ二度とできない経験!というものを経験したい方はここ、セントノ―バード・カレッジのプログラムをお勧めします。これから留学を検討される皆さん。まったくまとまっていませんが、少しでも自分の話が皆さんのご検討の役に立ったらと思います。最後に、セントノ―バード・カレッジは本当にいい学校です。皆さんにもこの素晴らしい経験を是非とも味わってほしいと思います!

アメリカの友達とパンケーキを食べに行きました!
IMG_6331 (1).JPG
自分とルームメイトの部屋です。基本的に部屋にはベッド、机、クローゼットが個人に与えられ、水道、トイレ、シャワーは共用です。
1234.jpg
そしてルームメイトとその友達と撮った写真を載せます!
unnamed.jpg
posted by 日大国際留学生 at 16:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

Springのセメスターについて

みなさん、こんにちは。教養学科2年の遠山小百合です。残りの留学生活もわずかとなりました。

毎日寒い日が続いています。朝晩はマイナス20度を下回り、マフラー、手袋、帽子がかかせません。学校の前の川も凍っています。

冬休み明けから始まったセメスターでは、ESLのプログラムに加えて、CIEのプログラムが始まりました。CIEのプログラムでは日大の単位変更が可能です。CIEは異文化コミュニケーション、ビジネス、文学、歴史のなかから選択できます。私はESLのプログラムでは、リーディングとスピーキングの授業を、CIEのプログラムでは、異文化コミュニケーションとビジネスの授業を受けています。前期のセメスターと比べて、レベルアップしていています。宿題も多くて授業が終わったら、夜まで図書館で勉強の毎日です。この生活も残りわずかだと思うと寂しいです。残り1日1日を大切に過ごしたいです。

冬休みはカリフォルニア、ニューヨーク、フロリダに行ってきました!写真を載せておきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
IMG_5171.JPG
IMG_5353.JPG
IMG_6492.JPG

IMG_5817.JPG
IMG_6516.JPG
posted by 日大国際留学生 at 12:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

留学生活について

 留学生ブログをご覧になってる皆さん、こんにちは。私は国際総合政策学科2年の原涼太と申します。今回の投稿では、授業以外の留学生活についてご紹介したいと思います。

 はじめに、こちらの気候について説明します。私たちは8月の中旬にアメリカのウィスコンシン州に入りました。当初は昼間は暑く感じましたが、夜になると涼しくなり、冷房のない寮内でも寝苦しく感じたことはありませんでした。ちなみに各校舎には冷暖房の設備が整えられているので、快適な環境の下勉強に励むことができます。暑いのは9月の上旬までで、その後は一段と寒くなります。私は日本国内でも温暖な地域の静岡県出身ですので、秋を通り越していきなり冬がやってきたような感覚でした。現地の方には、雪は10月下旬から降り始めるとのことでしたが、今年は積もるまで降ったのは11月に入ってからでした。初雪以降、今日までの最高気温はは0℃前後、最低気温は−5℃〜−20℃と、常に氷点下の気候です。さらに、昨年度は−40℃まで下がったそうなので、寒さへの対策は必須です。

 2点目は、授業後の生活についてです。ESLコースの授業は12:50にすべで終了し、その後のほとんどの時間は宿題の取り組みに費やされることになります。普段は18:00〜19:00までに終了することが多いですが、プレゼンテーションやエッセーの提出があると、深夜までかかることも少なくありません。中には徹夜で取り組む学生もいます。宿題が少ない日は、ESLコースの学生や、現地の一般の学生とスポーツをしたり、映画を見に行ったり、各々でアメリカの生活を楽しむことができます。

 3点目は、週末の生活についてです。金曜日の夜から土曜日の夜まで、現地の学生の多くは羽を伸ばしています。金曜日の夜は映画を見たり、トランプをしたり、遅くまで起きて遊ぶのが普通です。日曜日になると、多くの学生は宿題に取り掛かったり、各々の学習を進めています。金曜日、土曜日は閑散としている図書館も、日曜日は比較的学生が多いです。

 最後に、大学や、大学外の行事について紹介します。St. Norbert Collegeでは国際交流活動が盛んで、各国の紹介のプレゼンテーションを見学したり、食べ物を食べたり、音楽を聴いたり、様々な活動を通して異文化を体験することができます。また、リーディングの授業の一環で、現地の小学校に訪問し、「赤ずきんちゃん」の読み聞かせをそれぞれの学生の母語と英語で行い、子どもたちにも異文化の体験をしてもらいました。私自身は、People-for-People Dinnerという、近隣にあるウィスコンシン大学、Northeast Wisconsin Technical College、そしてSt. Norbert Collegeの3大学の留学生が集まる晩餐会に出席する機会を頂き、参加してきました。ここでは、参加者それぞれの出身国の紹介のプレゼンテーションをしたり、現地からの参加者や、他大学の留学生との会話を楽しんだりすることができました。この晩餐会の後に、インドネシア出身のウィスコンシン大学の留学生と食事にいく機会があり、良い出会いの場ともなりました。日本人1人という状況の中でも楽しむことができた経験は、こちらの留学に来て一番の喜びでした。

 この中期留学プログラムは、ご存じの通り日本人が多く、日本人同士で固まりがちになってしまうのでは、という心配があると思いますが、自分の意識や工夫次第で、良い意味でも悪い意味でも変えることができます。自己開拓の留学も、プログラムの留学も、能動的に活動しなければ何の力にもなりません。私自身もこのことを肝に銘じて残りの留学生活を思う存分楽しもうと思います。

 おわりに、People-for-People Dinnerでグリーンベイ市長とSt. Norbert Collegeからの参加者で撮った写真を載せます。長文になりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
IMG_148885987810547.jpeg
posted by 日大国際留学生 at 16:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

寮部屋について

こんにちは、国際教養学科3年の茨木和香です。
はやいものでSNCに到着し3ヶ月が経ちました。ウィスコンシンの冬は日本より厳しく、11月なのにもう雪が積もっています。私の地元も雪が多いのですが、こちらの寒さには慣れそうもありません(^^;)


さて、私は今回SNCでの寮生活について書きたいと思います。キャンパス内には多くの寮がありますが、日本大学の生徒は3つの寮にまとまっています。私たちの大多数は2人部屋で、部屋にはクローゼットと勉強机、洗面台がついているだけ、というシンプルな作りのものが多いです。寮の地下には共同のキッチンがあり、みんなでシェアして使っています。
ほとんどみんなルームメイトと生活していますが、外国人と一緒の人もいれば日本人同士の人もいます。必ず外国人とルームメイトになれるわけではない、ということを理解して行ったほうがいいと思います。(運が良ければ部屋の変更もできますが・・・)

私の寮は4人部屋で、キッチン、リビング、2つのベッドルーム、というレアな作りになっています(^O^)ルームメイトのうちの2人がアメリカ人で、そのうちの1人は日本への留学経験もあるのでとてもコミュニケーションがとりやすいです。ルームメイトがアメリカ人、というだけで、部屋でもネイティブの英語を聞いて会話をすることができ、宿題や英語の表現で分からないことがあればいつでも気軽に聞くことができます。この部屋に当たってラッキーだったなあと思いました♪


SNCにはたくさんの学生団体があり、また毎週末にはさまざまなイベントが催されています。授業は大変な時もあり宿題も毎日たくさん出されますが、その分ここで学べること、楽しめることもたくさんあると思っています!あと4ヶ月ほどとなった留学生活ですが、悔いなく全力で挑んできます^^



最後に、10月にあったLong weekendでシカゴに旅行したときの写真を載せます!高いビル、美しい夜景、ちょっと危なそうな路地裏など、映画に出てきそうな街並みで大興奮でした。

IMG_5702.JPG

IMG_5478.JPG
posted by 日大国際留学生 at 15:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

初投稿です。

 まず自己紹介から始めたいと思います。 国際関係学部総合政策学科3年の野田遼史です。 僕たちSt. Norbert College中期留学組は、総勢22名で16名の男子、6名の女子と男子が多めですが...

早いものでこちらに来て2ヶ月半が経ち勉強は大変ながらも毎日が充実しており多くの友達もできました。
始めのブログなので今回は簡単に SNCがどういうところなのかを軽く紹介したいと思います。 

まず、ここのことを一言で表すなら『田舎』の一言です。笑 けれども、ここには多くの留学生が来ておりフランス、ペルー、サウジアラビア、韓国、台湾、タイ、ベトナムなどと本当に多くの国から生徒を迎え入れてるのでいろんな国の人との交流を願うならばここの環境は大変素晴らしいと思います。 

次に1日の大まかなスケジュールを紹介したいと思います。

07:15 起床
09:00 授業開始
13:00 昼食
14:00 宿題
19:00 晩御飯
20:00 バスケ
24:00 就寝

といった感じで来てから一ヶ月は本当に宿題との両立が大変で毎日のように図書館にこもって20:00過ぎまでというのもざらではなかったですが今では効率的に進めれるようになったため自分の時間を確保しやすくなりました。

ざっとした説明ですがSNCは、本当に素晴らしいところで稀に日本が恋しくなることはありますが快適な生活が送れることは間違いないです。ここに来てみようと迷ってる方は、これからのみんなの日記を見てどれだけここが素晴らしいかを確認してみてください。笑 寮など施設に関しての話題はこのブログ以降の他の人のブログを読んで確認してみてください続きを読む
posted by 日大国際留学生 at 11:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。